丸彫(り)(読み)マルボリ

精選版 日本国語大辞典の解説

まる‐ぼり【丸彫】

〘名〙 一塊の材料から、物の総体を立体的に彫り出すこと。また、その彫刻
※苦の世界(1918‐21)〈宇野浩二〉二「その笑顔はたちまちにして、彼の善良で単純らしい性質を丸ほりにしたものであった」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

世界大百科事典内の丸彫(り)の言及

【彫金】より

…現代では糸鋸(いとのこ)で切り透かすが,古代では切り透かそうとする文様の輪郭にそって,金属板に小穴を多くあけ,穴と穴の間をきり鏨で切りとって大きく穴をあけ,鑢(やすり)で仕上げた。〈高肉彫〉には,金属を彫りくずし立体的表現をする丸彫と,金属板を裏から打ち出して高肉とし,表面から細部を彫刻するものがある。薄い表現のものを薄肉彫,肉取の厚いものを高肉彫という。…

※「丸彫(り)」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

寒暖差アレルギー

寒暖の差により鼻の奥の毛細血管が詰まり、鼻の粘膜が腫れることで起きる鼻炎。医学的には血管運動性鼻炎の一種とされる。多くの場合秋から冬にかけて1日の寒暖差が大きい時期や冷房による急な温度変化などにより起...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android