丸心・丸芯(読み)まるしん

精選版 日本国語大辞典「丸心・丸芯」の解説

まる‐しん【丸心・丸芯】

〘名〙 (「まるじん」とも) ランプの心で、丸紐のように編んだもの。
※花ちる夜(1900)〈永井荷風〉三「円心(マルジン)の洋燈を釣した六畳の茶の間の長火鉢に」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

不起訴不当

検察審査会が議決する審査結果の一つ。検察官が公訴を提起しない処分(不起訴処分)を不当と認める場合、審査員の過半数をもって議決する。検察官は議決を参考にして再度捜査し、処分を決定する。→起訴相当 →不起...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android