コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

長火鉢 ながひばち

4件 の用語解説(長火鉢の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

長火鉢
ながひばち

木炭を燃料とする暖房具の一種で,長方形の木製指物,箱火鉢のこと。この火鉢の普及は,木炭の利用が盛んになった近世にあり,特に江戸時代,寛政年間 (1789~1801) にもなると,地方の農・漁・山村の生活における「いろり」と同じような役割をもつものとして,都市家庭生活の茶の間に必要なものとなってきた。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

大辞林 第三版の解説

ながひばち【長火鉢】

長方形の箱火鉢。下部や横にひきだしをつけ、灰入れの一方に銅壺を備える。居間などに置いて使用する。 「三四郎は-の前へ坐つた。鉄瓶がちん〱鳴つてゐる/三四郎 漱石

出典|三省堂
大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

長火鉢
ながひばち

木炭(すみ)を燃料とする暖房用具の一種。長方形の箱火鉢で、右側に3、4段の引出しを設け、その上に猫板(ねこいた)(敷板(しきいた))を置く。灰を入れる落(おと)しには多く銅板を張り、これに銅壺(どうこ)、五徳(ごとく)を置く。落しの下には引出しをつけることもある。長火鉢は、普通ケヤキ、ナラ、セン、クワなどでつくる指物(さしもの)で、大きさは、長さ二尺(約60.6センチメートル)、幅一尺二寸(約36.4センチメートル)、高さ一尺一寸(約33.3センチメートル)くらいである。江戸時代の寛政(かんせい)年間(1789~1801)ごろから急速に普及し、ちょうど農山漁村の生活におけるいろりのように、長火鉢は、都市の家庭生活の中心として、昭和20年代まで、茶の間や居間になくてはならぬ存在であった。[宮本瑞夫]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

世界大百科事典内の長火鉢の言及

【銅壺】より

…銅壺には湯をくみ出す口とひしゃく立ての穴がつけてあった。明治以降,銅壺のかまどはしだいにすたれたが,長火鉢などに入れて使う小型の銅壺は第2次大戦前までは広く使われていた。なお,上記の銅壺より転じたものであろう,ブリキ製の箱や石油缶を〈どうこ〉と呼ぶことがある。…

【火鉢】より

…指物の火鉢には御殿火鉢,格子形火鉢,箱火鉢などがあり,刳物の火鉢には桐火鉢や欅火鉢などがある。また木製火鉢の一種に長火鉢といって長方形の箱形につくり,上の縁の幅を広くし,下部に抽斗(ひきだし)などをつけ,灰入れの一方に銅壺を備えつけて湯をわかしたり燗(かん)をしたりできるようにしつらえ,簡単な調理や食事ができるように工夫されたものがある。金属製は銅鋳物や真鍮製が多く,獅子脚などをもつ。…

※「長火鉢」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone

長火鉢の関連情報