コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

主太陰半日周潮 しゅたいいんはんにちしゅうちょうprincipal lunar semi-diurnal tide

1件 の用語解説(主太陰半日周潮の意味・用語解説を検索)

海の事典の解説

主太陰半日周潮

月による起潮力を調和分解して展開したときの最大の振幅をもつ項。M2分潮とも呼ぶ。周期は12.42時間で、海面の凹凸が起潮力に静力学的に釣り合った としたときの振幅(m)(係数と呼ぶ)が0.454である。主太陽半日周潮の係数0.21137に比べて2倍以上の大きさを持つ。通常一日に二回の干満が あり、その時刻が一日に約50分遅れるのは、このM2分潮が卓越しているからである。 (永田)

出典|(財)日本水路協会 海洋情報研究センター
海の事典について | 情報

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone