コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

主色 シュショク

デジタル大辞泉の解説

しゅ‐しょく【主色】

全体の色彩の基調をなす色。基色。
色の中で基本的なもの。ふつう赤・橙(だいだい)・・緑・青・紫の6色、または藍を加えた7色。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

しゅしょく【主色】

全体の色彩の基調となっている色。一番目立つ色。
赤・黄・青・緑の四色の総称。他の色はこれらの色を合わせて表しうる。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

主色の関連キーワードセイコウチョウ(青紅鳥)ミフウズラ(三斑鶉)ギンケイ(銀鶏)イヌのおもな毛色色部氏年中行事ハワイミツスイセキセイインコボタンインコゴシック美術ジュウシマツローランサンネズミドリハワイ蜜吸ミカドキジヒヨドリ雉・雉子ヒロハシバンケンヒタキドバト

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

主色の関連情報