コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

主走査 しゅそうさ

1件 の用語解説(主走査の意味・用語解説を検索)

ASCII.jpデジタル用語辞典の解説

主走査

写真などの原稿をスキャナーで読み取るときに、原稿あるいは撮像素子が移動する方向に対して垂直の方向に読み取ること。また、直角の方向に読み取ることを副走査と呼ぶ。一般的な、A4サイズのフラッドベッド型スキャナーでは、原稿台の短い方が主走査で、長い方が副走査になる。なお、メーカーカタログなどによく表示されている600×1200dpiという数字は、主走査方向の解像度×副走査方向の解像度で表されている。

出典|ASCII.jpデジタル用語辞典
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

主走査の関連キーワードイメージスキャナースキャナー透過原稿ユニットフィルムスキャナーフラットベッドスキャナー反射原稿透過原稿ADFカラースキャナーハンディースキャナー

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone

主走査の関連情報