コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

主走査 しゅそうさ

ASCII.jpデジタル用語辞典の解説

主走査

写真などの原稿をスキャナーで読み取るときに、原稿あるいは撮像素子が移動する方向に対して垂直の方向に読み取ること。また、直角の方向に読み取ることを副走査と呼ぶ。一般的な、A4サイズのフラッドベッド型スキャナーでは、原稿台の短い方が主走査で、長い方が副走査になる。なお、メーカーのカタログなどによく表示されている600×1200dpiという数字は、主走査方向の解像度×副走査方向の解像度で表されている。

出典|ASCII.jpデジタル用語辞典ASCII.jpデジタル用語辞典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

しゅ‐そうさ【主走査】

horizontal scanスキャナーで原稿を読み取る際、イメージセンサーがあるラインに沿った方向への動き。行単位で印字するプリンターの場合、印字ヘッドの行に沿った動きを指す。→副走査

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

今日のキーワード

主婦休みの日

1、5、9月の25日。年3回。株式会社サンケイリビング新聞社が制定。主婦にはリフレッシュ、ほかの家族には家事を提唱する。年末年始、ゴールデンウィーク、夏休みといった忙しい期間の後に設定されている。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

主走査の関連情報