コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

久保田不二子 くぼた

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

久保田不二子 くぼた-ふじこ

1886-1965 大正-昭和時代の歌人。
明治19年5月16日生まれ。明治35年歌人島木赤彦(本名久保田俊彦)と結婚。44年「アララギ」に入会。大正15年赤彦と死別し,以後郷里の長野県下諏訪(しもすわ)町にすんで,素朴な写生風の歌をよんだ。昭和40年12月17日死去。79歳。本名はふじの。歌集に「苔桃(こけもも)」「庭雀」など。
【格言など】あきらめもつかぬものかとつねにこひし秋草原を遠く来にけり(「苔桃」)

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

久保田不二子の関連キーワード歌人

今日のキーワード

熱にうなされる(間違いやすいことば)

○熱に浮かされる 高熱でうわ言をいう意味の表現は、「熱に浮かされる」が正しい。また、物事の判断がつかなくなるほど熱中することも意味する。音が似ていることから混用され、「浮かされる」が「うなされる」に入...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android