苔桃(読み)コケモモ

デジタル大辞泉の解説

こけ‐もも【×苔桃】

ツツジ科の常緑小低木。高山に生え、高さ約10センチ。茎の下部は地をはい、葉は長楕円形で密につく。初夏、紅色がかった釣鐘形の花をつける。実は熟すと赤くなり、生食のほか塩漬けや果実酒をつくるのに用いる。 花=夏 実=秋》

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

こけもも【苔桃】

ツツジ科の常緑小低木。高山に生える。高さ約10センチメートル。葉は楕円形で密に互生する。初夏、枝先に花穂をつけ帯紅白色の鐘状花を数個つけ、花後、球形の小液果を結ぶ。果実は赤熟し、酸味があって、生食するほか、果実酒にする。フレップ。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

動植物名よみかた辞典 普及版の解説

苔桃 (コケモモ)

学名:Vaccinium vitis‐idaea var.minus
植物。ツツジ科の常緑小低木,高山植物,園芸植物,薬用植物

出典 日外アソシエーツ「動植物名よみかた辞典 普及版」動植物名よみかた辞典 普及版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

こけ‐もも【苔桃】

〘名〙 ツツジ科の常緑小低木。北半球の寒帯に広く分布し、日本各地の高山帯に生える。高さ一〇~二〇センチメートル。葉は短柄があって互生し、葉身は長さ約一センチメートルの倒卵形、または広楕円形で厚い。初夏、前年の枝の先に長さ約六ミリメートルの鐘形で先が四裂した微紅色の花を数個つける。果実は径六~一〇ミリメートルの球形で紅色に熟し、甘ずっぱい味で生食にもされるが、多く、塩づけ、砂糖づけ、ジャム、果実酒などに加工される。葉は利尿、消毒、解熱、防腐などの薬剤として用いられる。漢名に越橘を当てるが誤用という。いわもも。はまなし。おやまりんご。かんろばい。いわなし。ふじもも。《・秋》
▼こけももの花《季・夏》 〔日本植物名彙(1884)〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

統合型リゾート(IR)

Integrated Resortの略で、カジノや劇場、ホテルなどが一体となった施設。国会の超党派議員が提出したカジノ解禁法案はIRの整備を後押しする基本法案で、2014年に趣旨説明と質疑が行われたも...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

苔桃の関連情報