コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

久太郎 きゅうたろう

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

久太郎 きゅうたろう

?-? 江戸時代中期の漂流民。
陸奥(むつ)佐井村(青森県)の多賀丸乗組員。延享元年(1744)遭難し,千島列島漂着カムチャツカ,オホーツクとうつり,ペテルブルグにおくられアカデミー付属日本語学校の教師となる。宝暦4年イルクーツクの日本語学校教師となった。天明2-6年(1782-86)の間に同地で死去。別名に喜十郎。ロシア名はピョートル=チェルノイ。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

久太郎の関連キーワード森林総合研究所関西支所 森の展示館ダイワボウホールディングス岡安 南浦(3代目)嵐 橘三郎(5代目)田中長兵衛(初代)東洋アルミニウム歌川国久(2代)プロルート丸光テクノスマート大阪砕石工業所小野薬品工業翻訳センター中園 久太郎焼肉 久太郎村木源次郎中園久太郎鷹見 思水東洋クロス青木 月斗岩田 鳴球

今日のキーワード

跋扈

[名](スル)《「後漢書」崔駰伝から。「跋」は越える意、「扈」は竹やな》魚がかごを越えて跳ねること。転じて、ほしいままに振る舞うこと。また、のさばり、はびこること。「軍閥の跋扈」「悪辣な商売が跋扈する...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

久太郎の関連情報