コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

久松喜代馬 ひさまつ きよま

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

久松喜代馬 ひさまつ-きよま

1834-1865 幕末の武士。
天保(てんぽう)5年4月生まれ。土佐高知藩士。江戸の千葉一胤(かずたね)に入門。のち土佐勤王党に参加。慶応元年勤王党弾圧で投獄され,同藩井上佐一郎殺害が発覚し,同年閏(うるう)5月11日処刑された。32歳。名は重和(しげかず),重治(しげはる)。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

久松喜代馬の関連キーワード久松重和

今日のキーワード

硫黄山(いおうやま)

標高1317メートルの活火山で、火口は登山者に人気のある韓国(からくに)岳(1700メートル)の登山道沿いにある。硫黄の結晶が鉱山で採れたため、硫黄山と呼ばれるようになったという。直近の噴火は1768...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android