久松喜代馬(読み)ひさまつ きよま

デジタル版 日本人名大辞典+Plus「久松喜代馬」の解説

久松喜代馬 ひさまつ-きよま

1834-1865 幕末の武士。
天保(てんぽう)5年4月生まれ。土佐高知藩士。江戸の千葉一胤(かずたね)に入門。のち土佐勤王党に参加。慶応元年勤王党弾圧で投獄され,同藩井上佐一郎殺害が発覚し,同年閏(うるう)5月11日処刑された。32歳。名は重和(しげかず),重治(しげはる)。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

亡命

政治的,思想的,宗教的,人種的,民族的相違などから,迫害などの身の危険を回避するために本国から逃亡し,外国に庇護を求める行為をいう。教会および国家の支配層による弾圧を逃れてアメリカに渡った非国教徒たる...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android