コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

千葉一胤 ちば かずたね

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

千葉一胤 ちば-かずたね

1824-1885 幕末-明治時代の剣術家。
文政7年3月1日生まれ。千葉定吉(さだきち)の長男。千葉周作の甥(おい)。因幡(いなば)鳥取藩士。撃剣取立役として江戸で北辰一刀流をおしえ,坂本竜馬,北垣国道,原六郎ら諸藩の有志にも教授。明治2年剣術教授頭取となった。明治18年5月7日死去。62歳。江戸出身。通称は重太郎。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

千葉一胤の関連キーワード石川豊太郎千葉重太郎久松喜代馬岡田星之助島村衛吉明治時代

今日のキーワード

かりゆし

1 沖縄方言で「縁起がよいこと」「めでたいこと」を表す語。2 「かりゆしウエア」の略。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android