コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

久留米そろばん踊り

デジタル大辞泉プラスの解説

久留米そろばん踊り

福岡県久留米市の新民謡。『久留米機織唄』とも言い、元は久留米絣(くるめがすり)を織る際に歌われた。機織機の擬音を表すためにそろばんが使われる。現在歌われているのは、作詞:石本美由起、編曲:レイモンド服部によるもの。

出典 小学館デジタル大辞泉プラスについて 情報

久留米そろばん踊りの関連キーワード福岡県久留米市

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android