石本美由起(読み)イシモトミユキ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

石本美由起 いしもと-みゆき

1924-2009 昭和後期-平成時代の作詞家。
大正13年2月3日生まれ。歌謡同人誌「歌謡文芸」にくわわり,昭和23年「長崎のザボン売り」でデビュー。「憧れのハワイ航路」「悲しい酒」などおおくのヒット曲をつくる。58年の「矢切の渡し」,59年の「長良川艶歌」で連続日本レコード大賞。平成元年日本音楽著作権協会理事長。平成21年5月27日死去。85歳。広島県出身。本名は美幸。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

今日のキーワード

多文化主義

マルチ・カルチュラリズムともいう。さまざまな人種,民族,階層がそれぞれの独自性を保ちながら,他者のそれも積極的に容認し共存していこうという考え方,立場。「人種のるつぼ」的な同化主義に対抗する考え方で,...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android