コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

編曲 へんきょく arrangement

翻訳|arrangement

5件 の用語解説(編曲の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

編曲
へんきょく
arrangement

音楽用語。楽曲が本来作曲された形から別の演奏形態用に改編されること。大編成用のものをできるだけ原曲の形をとどめたまま小編成用に改める場合,たとえばオペラオーケストラの総譜をピアノ・スコアに書き改める場合と,演奏効果を高めるために伴奏を付加したり,形式を変え大規模な楽曲に書き改めたり,楽器編成を変える場合がある。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

へん‐きょく【編曲】

[名](スル)ある楽曲を、他の楽器や演奏形態に適するように改編すること。アレンジ。「ジャズ風に編曲する」

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

へんきょく【編曲 arrangement】

音楽用語で,ある楽曲を異なった演奏形態に作り変えること。原作に忠実なものから,パロディや大幅な独創性を加味したものなど,その用途や目的によって多くの種類がある。オペラのボーカルスコア交響曲ピアノ編曲などでは原作に忠実であることが求められ,この場合はとくにリダクションreductionなどの語が用いられる。 西洋では,とくに15,16世紀以降,編曲は重要な作曲手段となった。15世紀前半のドイツの世俗歌曲を収めた写本《ロハマー歌曲集》を鍵盤曲に編曲したパウマンKonrad Paumann(1415ころ‐73)の《オルガン奏法の基礎》(1452)は有名で,14~16世紀のこのような鍵盤楽器リュートに合わせた歌曲の編曲形態をとくにインタボラトゥーラintavolatura(イタリア語)と呼ぶ。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

へんきょく【編曲】

( 名 ) スル
ある楽曲をその曲本来の編成から他の演奏形態に適するように書き改めること。アレンジ。アレンジメント。 「交響曲をピアノ曲に-する」

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

編曲
へんきょく
arrangement 英語 フランス語
Bearbeitungドイツ語

楽曲の演奏形態や旋律、リズム、歌詞などを目的に応じて改編すること。とくにジャズポピュラー音楽ではアレンジと称してよく用いられ、曲のウェイトを左右するほどの手法になっている。
 西洋の芸術音楽では、18世紀以降、作曲家と作品の間に密接な関係が確立されてから、著作権の問題とともに、編曲行為そのものの意味が明確に意識されるようになった。編曲はその種類や度合いにより、原曲に忠実なものから、編曲者の創造的要素が加わったものまでさまざまな段階に分かれる。まず単なる練習や学習、家庭における演奏などのために、オペラや合唱曲、交響曲などを重要な変更を加えないまま小編成のものに書き改めるものがあり、ピアノ抽出譜Klavierauszung(ドイツ語)やボーカル・スコアなどがこれにあたる。
 次に原曲に解釈、敷衍(ふえん)を加えたものがある。〔1〕楽器編成を小規模なものから大規模なものへと変えることによって、音色面、構造面などに新解釈を加えたもの(ラベルによるムソルグスキー原曲のピアノ曲『展覧会の絵』の管弦楽化)。〔2〕既存の楽曲の骨格を保ちながら他のジャンルに移したもの(声楽曲の器楽曲化、またはその逆。カンタータやミサ曲などで歌詞を変えるパロディー手法など)。〔3〕原曲に新たに伴奏を付加したり実体そのものに介入するなど、本質的な変更を加えるもの。〔4〕原曲の旋律などを素材として新しい楽曲を構成すること(単旋律聖歌やコラール、世俗歌謡などを定旋律とした多声声楽曲、リストのピアノ・パラフレーズ作品など)。
 なお変奏曲も一種の編曲と考えることもできるが、変奏曲は主題の変容過程そのものに焦点をあてる手法のため、編曲とは区別される。また、同一作品の改訂、未完作品の補足などともいちおう区別されている。[土田英三郎]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の編曲の言及

【管弦楽法】より

…楽器法instrumentationと同義に扱われることもあるが,楽器法が広く個々の楽器の性能とさまざまな音色を効果的に選択,結合する技術一般にかかわるとすれば,管弦楽法orchestrationは歴史的観点から,特に17世紀中期以降の,使用楽器が指定された比較的大規模な管弦楽曲に関して言われる。ただし,もともと鍵盤楽曲や室内楽,歌曲として発想された作品を管弦楽化する場合は編曲といい,一般には管弦楽法の語は用いられない。管弦楽法は,最初の着想の時点から管弦楽としての可能性が顧慮されている場合,あるいは,もとの作品の語法が基本的な変更を受けることなしに管弦楽化される可能性を含む場合にのみ使われる言葉である。…

【著作権】より

…小説や論文など,原著作物の内容や雰囲気を保ちつつ,適切な訳語を選び,みずからの文体を構築していくことは翻訳者の創作的な精神作業である。クラシックの楽曲を軽音楽化するなど,既存の楽曲に依拠しつつも,これを変形する編曲も二次的著作物の作成に該当する。絵画を彫刻にしたり,彫刻を絵画のかたちで表すなど,既存の著作物を他の表現形式をもって表す変形も,既存の著作物を脚色したり,映画化するなどの翻案も二次的著作物の作成となる。…

※「編曲」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

編曲の関連キーワードアレグロ移調曲先新内流し本曲ラーガ音楽隊献奏マルカートセンツァ

今日のキーワード

カルテット

四重唱および四重奏。重唱,重奏の形態のなかで最も基本的なもので,声楽ではルネサンスの多声歌曲の形式であるシャンソンやフロットラから始り長い歴史をもつ。器楽も同様で,特に弦楽四重奏は室内楽の全レパートリ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

編曲の関連情報