久邇 俔子(読み)クニ チカコ

20世紀日本人名事典の解説

久邇 俔子
クニ チカコ

明治〜昭和期の皇族 昭和天皇の皇后良子の御生母。



生年
明治12(1879)年10月19日

没年
昭和31(1956)年9月9日

出身地
東京

経歴
公爵島津忠義の第七女。明治32年久邇宮邦彦王と結婚、良子、智子(大谷光暢の妻)、信子(三条西公正の妻)を生む。戦争中は大日本婦人会総裁、大日本母子愛育会総裁などを務めた。昭和22年皇籍を離脱。

出典 日外アソシエーツ「20世紀日本人名事典」(2004年刊)20世紀日本人名事典について 情報

367日誕生日大事典の解説

久邇 俔子 (くに ちかこ)

生年月日:1879年10月19日
明治時代-昭和時代の皇族
1956年没

出典 日外アソシエーツ「367日誕生日大事典」367日誕生日大事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

夏至

二十四節気の一つであるが,二至 (夏至,冬至) ,二分 (春分,秋分) の四季の中央におかれた中気。夏至は太陰太陽暦の5月中 (5月の後半) のことで,太陽の黄経が 90°に達した日 (太陽暦の6月 ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android