コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

昭和天皇 しょうわてんのう

10件 の用語解説(昭和天皇の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

昭和天皇
しょうわてんのう

[生]1901.4.29. 東京
[没]1989.1.7. 東京
第124代天皇(在位 1926~89)。大正天皇第1皇子,母は藤原節子(〈さだこ〉のちの貞明皇后)。名は裕仁,幼名は迪宮(みちのみや)。在位期間は日本史上最長を記録した。青山の東宮御所で誕生し,学習院および東宮御学問所に学ぶ。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

昭和天皇

1901(明治34)年4月29日、大正天皇の長男として誕生。称号は迪宮(みちのみや)、名前は裕仁(ひろひと)。大正天皇の病気のため、21(大正10)年に摂政に。26(同15)年、大正天皇の逝去により25歳で即位した。89(昭和64)年1月7日、87歳で逝去。在位期間は62年で歴代最長。天皇として最も長命だった。香淳皇后との間に7人の子が生まれ、長男は現・天皇陛下、次男は常陸宮さま。三笠宮さまは弟。

(2014-09-09 朝日新聞 朝刊 1総合)

出典|朝日新聞掲載「キーワード」
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

しょうわ‐てんのう〔セウワテンワウ〕【昭和天皇】

[1901~1989]第124代天皇。在位1926~1989。大正天皇の第1皇子。名は裕仁(ひろひと)。大日本帝国憲法下では唯一の主権者として統治権を総攬(そうらん)したが、第二次大戦後、神格化を否定する「人間宣言」を発表、日本国憲法成立で、日本国および日本国民統合の象徴となった。生物学の研究でも知られる。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

昭和天皇【しょうわてんのう】

在位1926年―1989年。名は裕仁(ひろひと)。大正天皇の第1皇子として4月29日誕生。幼名は迪宮(みちのみや)。1916年立太子。1921年3月より約半年ヨーロッパ各国を訪問,同年11月摂政となり,1924年1月久邇宮良子(くにのみやながこ)女王と結婚。
→関連項目児玉幸多桜田門事件竹下登内閣貞明皇后虎ノ門事件良子

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

昭和天皇 しょうわてんのう

1901-1989 第124代天皇。在位1926-89。
明治34年4月29日生まれ。大正天皇の第1皇子。母は貞明皇后。大正10年摂政。父の死により皇位をつぎ,昭和と改元。恐慌や第二次世界大戦そして敗戦,連合国による占領と難局に直面。昭和21年みずから天皇の神格を否定する「人間宣言」をし,日本国憲法により国民統合の象徴となる。生物学者としても知られる。昭和64年1月7日死去。87歳。墓所は武蔵野陵(むさしののみささぎ)(東京都八王子市)。学習院初等科卒。幼称は迪(みちの)宮。諱(いみな)は裕仁(ひろひと)。著作に「那須の植物」「相模湾産後鰓類(こうさいるい)図譜」など。
【格言など】わが国のたちなほり来し年々にあけぼのすぎの木はのびにけり(昭和62年歌会始)

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

朝日日本歴史人物事典の解説

昭和天皇

没年:昭和64.1.7(1989)
生年:明治34.4.29(1901)
昭和1(1926)年から同64年まで在位。皇太子明宮嘉仁親王(大正天皇)と皇太子妃節子(貞明皇后)の第1皇子。明治天皇から裕仁と命名され,迪宮の称号を賜った。川村純義家に養育され,大正3(1914)年学習院初等科を卒業し,東郷平八郎を総裁とする東宮御学問所で,白鳥庫吉,服部広太郎,杉浦重剛など一流の学者,教育者を教師として,10年まで学んだ。大正4年に立太子の礼,6年皇太子妃に久邇宮良子が内定,8年成年式が行われた。大正天皇の病状の悪化とともに,裕仁親王に対する期待は大きく,皇太子として最初のヨーロッパ訪問(特に英皇室との親善)が10年に実現。久邇宮家の色盲問題で婚約の変更を求める運動もあったが,この出発前に内定通りという決定がなされた(宮中某重大事件)。帰国後摂政に就任し,13年結婚。この間12年台湾行幸,年末アナキストによる狙撃事件もあったが,元老西園寺公望,牧野伸顕内大臣,一木喜徳郎内大臣リベラルグループによる補佐を受け,政務を執った。 15年大正天皇の死去とともに践祚,元号が昭和と改められた。昭和2(1927)年の大正天皇の大葬,そして3年京都で御大典が挙行された。この前後,天皇の心労は陸軍の行動で,張作霖爆殺事件に関しての4年の田中義一総理に対する叱責はその現れであった。その後も軍部に対する疑念は大きく,ロンドン条約,満州事変における天皇の行動もその延長線上にあった。「現状打破」をめざす「革新派」は,天皇側近を「君側の奸」として攻撃し,2・26事件(1936)が起きた。このとき信頼する側近を多く殺害された天皇は激怒して,その鎮圧を強く要望した。12年に始まる日中戦争についても,また16年の日米開戦についても,強く躊躇の態度を表明したが,正規の手続きによって裁可を求められたものは最終的には裁可を与えた。20年8月ポツダム宣言受諾か否かをめぐり内閣,統帥部が分裂し,態度決定ができなかったとき,はっきり受諾の意思を表明,最終決定に決定的な役割を果たした。8月15日の玉音放送は国民一般が天皇の生の声を聞いた最初であり,スムーズな降伏に大きな役割を果たした。 占領下天皇大権は連合国軍総司令官の下に置かれ,9月27日天皇はマッカーサーを訪問,その際の,背の高いマッカーサーの脇に並んだ小柄の天皇の写真は国民にショックを与えた。しかしこのときマッカーサーは天皇の態度に感銘を受けたといわれる。21年1月いわゆる「人間宣言」を発した天皇は全国各地を巡幸し,再建に働く国民を激励し,また熱烈な歓迎を受けた。22年の日本国憲法で「国民統合の象徴」と位置づけられ,以後その役割を忠実に果たした。皇后と共に46年にはヨーロッパを,50年にはアメリカを訪問。62年以来入退院を繰り返し,64年十二指腸乳頭周囲腫瘍で崩ず。翌年大葬が行われた。相撲観戦を好み,また若いときから生物学を学び『相模湾産ヒドロ虫類』など8冊の著書がある。

(伊藤隆)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

しょうわてんのう【昭和天皇】

1901‐89(明治34‐昭和64)
第124代に数えられる天皇。名前は裕仁,幼称は迪宮という。1908年(明治41)学習院初等科に入学し,その間12年7月明治天皇の死去にともない皇太子となる。14年(大正3)初等科卒業とともに,特設された東宮御学問所で学び,21年2月御学問所修了とともに6ヵ月間イギリスほかヨーロッパ5ヵ国に外遊し,大きな感銘を受けた。とくにイギリスで時の国王ジョージ5世に会うなどして立憲君主としての態度を学んだことは大きかった。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

しょうわてんのう【昭和天皇】

1901~1989) 一二四代天皇(在位1926~1989)。名は裕仁ひろひと。幼名、迪宮みちのみや。大正天皇の第一皇子。1921年(大正10)摂政となり26年即位。在位64年に及び史上最長。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

昭和天皇
しょうわてんのう
(1901―1989)

皇統譜にいう124代天皇(在位1926~1989)。大正天皇の第1皇子で、その在位が昭和の年号で表示される。明治34年4月29日生まれ。母は皇后九条節子(さだこ)、名は裕仁(ひろひと)、幼名は迪宮(みちのみや)。1916年(大正5)立太子のあと、大正天皇の病状悪化のなかで、1921年ヨーロッパ各国を訪問、帰国後の同年11月摂政(せっしょう)に就任した。1924年久邇宮良子(くにのみやながこ)女王(香淳(こうじゅん)皇后)と結婚。1926年12月、大正天皇の死去により皇位を継承して昭和と改元し、1928年(昭和3)11月即位礼を行う。こののち第二次世界大戦期まで、とくに軍事・外交政策に対してはしばしば独自の判断を示し、戦争指導方針を含む国策決定に関与した。二・二六事件のとき、反乱軍鎮圧を強く主張したことは有名。敗戦時には、内大臣木戸幸一らの進言に沿って、ポツダム宣言受諾を決定した。1946年(昭和21)元日の詔書で天皇の神格性を否定し(人間宣言)、アメリカの方針によって戦犯訴追を免れる。1947年施行の日本国憲法に基づき、その地位は日本国と日本国民統合の象徴に変わったが、占領期にはマッカーサーとの会見などを通じて、独自の政治的影響力を保持した。戦後は生物学研究者として知られるようになり、編・著書に『相模湾後鰓類図譜』『那須の植物』などがある。1971年ヨーロッパ、1975年にアメリカを訪問した。1986年在位60年記念式典が挙行され、日本史上最長の在位を記録。1989年(昭和64)1月7日死去。追号は昭和天皇。[赤澤史朗]
『宮内庁編『昭和天皇御製集』(1991・講談社) ▽升味準之輔著『昭和天皇とその時代』(1998・山川出版社) ▽榊原夏著『マッカーサー元帥と昭和天皇』(2000・集英社) ▽高橋紘著『象徴天皇の誕生――昭和天皇と侍従次長・木下道雄の時代』(角川文庫) ▽黒田勝弘・畑好秀編『昭和天皇語録』(講談社学術文庫)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

20世紀日本人名事典の解説

昭和天皇
ショウワテンノウ

大正・昭和期の第124代天皇



生年
明治34(1901)年4月29日

没年
昭和64(1989)年1月7日

出生地
東京・青山東宮御所

学歴〔年〕
東宮御学問所

主な受賞名〔年〕
白バラ勲章大十字章〔昭和61年〕

経歴
御名裕仁(ひろひと)。大正天皇の第一皇男子。母は貞明皇后。ご幼少時の称号迪宮(みちのみや)。大正10年11月25日摂政ご就任。13年1月26日久邇宮良子女王とご結婚。15年12月25日、大正天皇の崩御とともに皇位(124代)をご継承。昭和16年米英両国に宣戦の詔書、20年には終戦の詔書をラジオ放送。戦後は、全国を巡幸して国民を激励、新憲法で“国民統合の象徴”と定められ、政治的権能を離れた。62年9月膵臓疾患で手術を受けられ、1年4月の闘病生活ののち64年1月7日崩御。歴代天皇中最長寿、在位63年も最長記録である。生物学にご造詣が深く、専門は海洋生物ヒドロゾアの分類学的研究。

出典|日外アソシエーツ「20世紀日本人名事典」(2004年刊)
(C) 2004 Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

昭和天皇の関連キーワード鹿沼藩鹿野藩宍戸藩昭和ポポフカローラFX稲畑勝太郎巌本真理本田定寿町田茂

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

昭和天皇の関連情報