コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

乙姫の花笠 オトヒメノハナガサ

デジタル大辞泉の解説

おとひめ‐の‐はながさ【乙姫の花×笠】

オオウミヒドラ科の腔腸(こうちょう)動物。深海底の泥の中に直立し、高さ約1.5メートルになる世界最大のヒドロ虫。長い柄の先端に多数の細い糸状の触手が並び、全体に紅橙(こうとう)色。日本では相模湾や駿河湾に生息。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

おとひめのはながさ【乙姫の花笠】

ヒドロ虫綱の腔腸動物。ポリプ型のヒドロ虫では最大の種で、柄の長さが1.5メートルに及び、その上に直径20センチメートルほどのヒドロ花がつく。ヒドロ花の口の周囲に紅色の長い触手が二列に並び、美しい。深海の泥底に柄を立てて生活する。日本付近では相模湾に多い。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

乙姫の花笠の関連キーワードオオウミヒドラヒドロ

今日のキーワード

あおり運転

危険運転の一種で、前方を走行する車両に対する嫌がらせ行為。車間距離を極端に詰めて道を譲るように強要する、猛スピードで追い回す、ハイビームやパッシング、並走しての幅寄せなどで威嚇する、といった行為が該当...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android