相模湾(読み)さがみわん

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

相模湾
さがみわん

神奈川県南部,三浦半島先端の城ヶ島から,伊豆半島基部の真鶴岬以北にかけての海域。南は相模灘に続く。西岸箱根山溶岩流が迫り,東岸溺れ谷の地形を示すが,その他では海岸線は単調で,背後に湘南の砂丘帯が発達黒潮の一部が回流する好漁場で,沿岸には小漁港が発達。西部の小田原から真鶴にいたる海岸ではブリの定置網漁が行われる。東京,横浜から近く,海水浴のほかヨット,釣りなどの客でにぎわう。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

百科事典マイペディアの解説

相模湾【さがみわん】

神奈川県南部に湾入する海面。ふつう城ヶ島と真鶴岬を結ぶ線以北の海域をさす。沿岸は一般に単調な砂浜で三浦市の三崎港以外に良港はない。最深部は1000mを越え,黒潮の分流が流入するので魚類は多く,カツオ,マグロ,アジ,ブリ,海藻類の好漁場。湾岸は湘南(しょうなん)と呼ばれる。
→関連項目大磯[町]神奈川[県]

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

さがみわん【相模湾】

神奈川県南部の海湾。伊豆半島頸部(けいぶ)の真鶴(まなづる)岬と三浦半島南端の城ヶ島を結んだ線以北の海域を指し,南は相模灘に連続する。湾の南西部に相模灘から入り込んだ相模トラフの延長があり,最深所は水深1000mをこえる。この東側には深さ約500mの海底山脈があり,三浦半島との間は深さ約700mの海盆となっている。湾内には黒潮の分流が入り,沿岸礁や海底谷が好漁場となり,イワシ,アジ,サバ,ブリなどが漁獲される。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

さがみわん【相模湾】

神奈川県南方にある湾。真鶴まなつる岬と城ヶ島とを結ぶ線から北側の海域で、好漁場に富む。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本の地名がわかる事典の解説

〔神奈川県〕相模湾(さがみわん)


神奈川県南部、三浦(みうら)半島と真鶴(まなづる)岬に抱かれた湾。北岸には砂浜海岸が続く。酒匂(さかわ)川河口東岸から南東に延びる相模舟状海盆(しゅうじょうかいぼん)(相模トラフ)は1923年(大正12)の関東大震災の震源域。アジ・ブリなど沿岸漁業の好漁場。遊漁船が多い。沿岸一帯は湘南(しょうなん)海岸で、海水浴場や景勝地が点在し、温暖な気候と交通の便から首都圏の高級住宅地・別荘地として発展。

出典 講談社日本の地名がわかる事典について 情報 | 凡例

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

相模湾
さがみわん

神奈川県西部の真鶴(まなづる)岬と三浦半島南端(城ヶ島(じょうがしま))を結ぶ線から北の海域をいう。湾の西部に深さ1000~1200メートルの海渠(かいきょ)がみられるが、この海底地形は、相模湾の北西から日本海溝(伊豆諸島東部)に連なる相模トラフによるもので、1923年(大正12)の関東大地震のときにおこった海底の沈下現象は、この構造地帯の活動によるものとされている。沿岸潮流は相模川河口から三浦半島西岸へかけて東流、ついで南東流するものが強くみられ、境(さかい)川(藤沢市)、田越(たごえ)川(逗子(ずし)市)、森戸川(葉山町)諸川の河口部にはそれぞれ、東方また南方へ向けて砂州が発達している。こうした海底や沿岸地形によって天然漁礁は東部では西部よりも広く発達し、東部の全域がアジ、サバ釣りや延縄(はえなわ)の好漁場である。また、江の島南方沖合いや横須賀(よこすか)、三浦両市の西方沖合いはイカ釣り、小田原南方の片浦から真鶴岬の沖合いにかけてはアジ、サバ釣りの好漁場となっている。片浦と真鶴と三浦半島の西浦(横須賀市)ではブリの定置網漁業が行われ、真鶴はブリ網観光でも知られる。[浅香幸雄]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

ABM

弾道ミサイル迎撃ミサイル。大陸間弾道ミサイルICBMや潜水艦発射弾道ミサイルSLBMを早期に発見・識別し,これを撃破するミサイル。大気圏外で迎撃するものと,おとりなどの識別が可能となる大気圏内で迎撃す...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

相模湾の関連情報