コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

九品印 くほんいん

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

九品印
くほんいん

仏教用語。九品の印相をいう。極楽浄土に往生する者の果報が,その往生する者の行為や性質によって9等級に分類され,それに応じて九品浄土,九品念仏など,それぞれ等級が立てられ,またそれに応じて阿弥陀仏の姿にも違いが立てられ,その手指の印相にも9種の違いがある。たとえば,上品上生の阿弥陀仏は両掌を上に向けて重ね,両手の親指と人差指の先端をつけた印をなし,これを妙観察智印,弥陀の定印などという。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

跋扈

[名](スル)《「後漢書」崔駰伝から。「跋」は越える意、「扈」は竹やな》魚がかごを越えて跳ねること。転じて、ほしいままに振る舞うこと。また、のさばり、はびこること。「軍閥の跋扈」「悪辣な商売が跋扈する...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android