コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

定印 ジョウイン

2件 の用語解説(定印の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

じょう‐いん〔ヂヤウ‐〕【定印】

密教で、定に入っていることを示す印相(いんぞう)。両手をへその下で重ねる形。

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

世界大百科事典内の定印の言及

【阿弥陀】より

…【伊藤 唯真】
[図像]
 阿弥陀如来は浄土教信仰の主尊であり,したがって浄土教美術の中心的尊像である。薬師如来像とは異なり手に持物はないが,さまざまな印相(いんそう)(手の形)で表現され,印相の違いにより与願・施無畏印,転法輪印(説法印),定印,来迎印の像の4種に大別できる。 与願・施無畏印の像は,左手は下げて右手は掌を外に向けて上げる。…

※「定印」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone

定印の関連情報