コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

定印 ジョウイン

デジタル大辞泉の解説

じょう‐いん〔ヂヤウ‐〕【定印】

密教で、定に入っていることを示す印相(いんぞう)。両手へその下で重ねる形。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

じょういん【定印】

〘仏〙 仏や菩薩がその禅定ぜんじように応じてとる印契いんげい。密教の修法においても、定められた印を結ぶ。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界大百科事典内の定印の言及

【阿弥陀】より

…【伊藤 唯真】
[図像]
 阿弥陀如来は浄土教信仰の主尊であり,したがって浄土教美術の中心的尊像である。薬師如来像とは異なり手に持物はないが,さまざまな印相(いんそう)(手の形)で表現され,印相の違いにより与願・施無畏印,転法輪印(説法印),定印,来迎印の像の4種に大別できる。 与願・施無畏印の像は,左手は下げて右手は掌を外に向けて上げる。…

※「定印」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

定印の関連キーワードオルドス系金銅仏永原与蔵(2代)洋銀(外国貨幣)認定検正マーク座禅・坐禅浄土教美術仏眼仏母像清和天皇一字金輪大日如来九品印平等院坐禅仏像印契密教菩薩印銀源算修法

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

定印の関連情報