果報(読み)かほう

日本大百科全書(ニッポニカ)「果報」の解説

果報
かほう

仏教術語。サンスクリット語のビパーカvipākaの訳語で、先に原因となる行為があり、それによって招かれた結いとして得ることをいう。行為は、心に思い、口にいい、身体で行うの3種に分かれ、たとえ身体を動かさなくても行為はあった、と考えられる。この原因と結果とを結ぶものが業(ごう)(カルマンkarman)で、ときに業がその行為・結果・報いのみをさし、また責任などの全体を含む場合もある。仏教では一般に、善因には善果が、あるいは心の満足という楽果が、また悪因には悪果が、あるいは後ろめたい心という苦果が伴う、としている。果報を二分して、すべてに共通な総報と、個々に差別のある別報とをたてる説もある。なお俗には、運のよいことを果報、それを受けた者を果報者とよび、逆に、不幸なことを因果(いんが)、不幸な者を因果者と称することが行われている。

[三枝充悳]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典「果報」の解説

果報
かほう
vipāka

仏教用語。異熟とも訳す。以前に行なった行為によって,のちに報いとして受ける結果をいう。人間として生れたことを総報,男女,貧富などの差別を受ける果を別報という。またこので行なった行為が,この世で報いとなることを (順) 現報,次の世に結果が現れることを (順) 生報,未来世以後に受けるものを (順) 後報という。一般には運のよいことを果報という。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

精選版 日本国語大辞典「果報」の解説

か‐ほう クヮ‥【果報】

〘名〙
① 仏語。前世での善悪さまざまの所為が原因となって、現世でその結果として受けるさまざまな報い。
※菅家文草(900頃)五・仮中書懐詩「悠々皆果報、出入苦生涯」 〔法華経‐法師功徳品〕
② (形動) 報いがよいこと。幸福なさま。幸運。しあわせ。
平家(13C前)灌頂「五十善の御果報尽きさせ給ふによって」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「果報」の解説

か‐ほう〔クワ‐〕【果報】

[名・形動]
よい運を授かって幸福なこと。また、そのさま。「果報な身分」
仏語。前世での行いの結果として現世で受ける報い。
[類語]幸福幸せさいわさち冥利みょうり多幸多祥たしょう万福ばんぷく至福浄福清福福福大福ハッピー応報報い祟り業報悪報幸運

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

普及版 字通「果報」の解説

【果報】かほう(くわはう)

仏教の用語。因果応報。〔南史、江革伝〕時に(武帝)~手敕して曰く、果報は信ぜざるべからずと~。革、因りて乞ひて戒を受く。

字通「果」の項目を見る

出典 平凡社「普及版 字通」普及版 字通について 情報

今日のキーワード

半夏生

半夏ともいう。七十二候の一つで,本来は夏至後 10日目から小暑の前日までをいったが,現行暦では太陽の黄経が 100°に達する日 (7月1日か2日) を半夏生とし,雑節の一つとして記載している。この頃半...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android