極楽浄土(読み)ゴクラクジョウド

大辞林 第三版の解説

ごくらくじょうど【極楽浄土】

阿弥陀仏のいる世界。西方十万億土の彼方にあり、まったく苦しみのない理想郷で、今も阿弥陀仏が法を説いているとされる。阿弥陀仏を信じ、ひたすら念仏を唱えると、死後ここに迎えられるという。西方浄土。極楽世界。極楽界。極楽安養浄土。極楽。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界大百科事典内の極楽浄土の言及

【阿弥陀】より

…極楽浄土にいて衆生を救済するとされる仏。弥陀とも略称される。…

※「極楽浄土」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

一代年寄

相撲界に大きな功績を残した力士に認められる年寄のことで,理事会が決定する。日本相撲協会にある 105の年寄名跡のほかに,力士名がそのまま年寄名とされる。資格は本人1代かぎりで,定年または廃業すれば自然...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

極楽浄土の関連情報