九州歴史資料館(読み)きゅうしゅうれきししりょうかん

日本の美術館・博物館INDEXの解説

きゅうしゅうれきししりょうかん 【九州歴史資料館】

福岡県小郡市にある資料館。昭和48年(1973)創立。福岡県内の遺跡の出土品などを収蔵・展示する。分館として豊前市に求菩提(くぼて)資料館が、朝倉市に甘木歴史資料館が、柳川市に柳川古文書館がある。
URL:http://www.fsg.pref.fukuoka.jp/kyureki/
住所:〒838-0106 福岡県小郡市三沢5208-3
電話:0942-75-9575

出典 講談社日本の美術館・博物館INDEXについて 情報

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

九州歴史資料館

1973年、福岡県太宰府市に開館した同県の施設。大宰府史跡の調査などに携わってきたが、老朽化などのため、昨年11月、小郡市三沢に移転しリニューアルオープン。敷地面積は約3万5千平方メートル、のべ床面積約9千平方メートル。県内の文化財保護行政の拠点として調査研究活動を担うほか、展示機能も。図書閲覧室や研修室もある。西鉄三国が丘駅から遊歩道を通り、徒歩10分ほど。月曜休館(祝日の場合は翌日)。

(2011-02-18 朝日新聞 夕刊 2社会)

出典 朝日新聞掲載「キーワード」朝日新聞掲載「キーワード」について 情報

今日のキーワード

未必の故意

犯罪事実の発生を積極的には意図しないが、自分の行為からそのような事実が発生するかもしれないと思いながら、あえて実行する場合の心理状態。→故意[補説]作品名別項。→未必の故意...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

九州歴史資料館の関連情報