柳川市(読み)やながわ

  • やながわし〔やながは〕
  • 柳川〔市〕

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

福岡県南西部,筑紫平野南部を占め,有明海に臨む市。 1951年柳河町と城内村,西宮永村,東宮永村,沖端村,両開村の5村が合体して柳川町となり,1952年市制。 1955年昭代村,蒲池村の2村を編入。 2005年大和町,三橋町と合体。中心市街地は筑後川河口左岸の三角州上に位置し,沖端川,塩塚川に囲まれ,水郷の町として知られる。江戸時代は柳川藩の城下町として発展。商業中心地,観光の町となっている。味噌,醤油醸造,農機具の生産も行なわれる。市街地には水路縦横に走り,濠のヤナギ白壁土蔵が水にはえる水郷風景は有名で,川下りができる。国の名勝の松濤園と戸島氏庭園,柳川温泉北原白秋生家などがある。新外町の旧立花家別邸には国宝の短刀 (銘吉光) ,国の重要文化財の剣 (銘長光) が所蔵されている。農村部はクリーク網が充実する水田地帯で,米作イグサの栽培が盛ん。有明海沿岸部は干拓地が広く,貝類の漁獲,ノリ養殖が行なわれる。西日本鉄道大牟田線,国道 208号線,385号線,443号線が通じる。面積 77.15km2。人口 6万7777(2015)。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

児童相談所

子供の福祉に関する相談に応じ,援助などを行なう行政機関。児相と略称される。児童福祉法に基づき,都道府県と政令指定都市に設置が義務づけられている。運営は厚生労働省の局長通知,児童相談所運営指針にそって行...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

柳川市の関連情報