コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

九絵 クエ

デジタル大辞泉の解説

くえ〔クヱ〕【九絵】

ハタ科の海水魚。全長1メートルに達する。体色茶褐色白斑が雲状に流れる。本州中部以南の磯にすむ。大物は「もろこ」ともよばれる。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

くえ【九絵】

スズキ目の海魚。全長1メートル 以上に達する。体は長楕円形で側扁し、マハタに似る。体色は茶褐色で、体側に六本の黒褐色の雲状帯があるが、老成すると消失する。洗いや刺身にして美味。磯釣りの対象魚。本州中部以南の沿岸に分布。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

動植物名よみかた辞典 普及版の解説

九絵 (クエ)

学名:Epinephelus moara
動物。ハタ科の海水魚

出典 日外アソシエーツ「動植物名よみかた辞典 普及版」動植物名よみかた辞典 普及版について 情報

九絵の関連キーワード黒褐色傾城物磯釣りマハタ洗い分布海魚体側沿岸刺身

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

九絵の関連情報