乞食坊主(読み)こじきぼうず

精選版 日本国語大辞典「乞食坊主」の解説

こじき‐ぼうず ‥バウズ【乞食坊主】

〘名〙 侶をあざけっていう語。乞食坊。乞食法師。こつじきぼうず。
※天草本平家(1592)三「アサマシイ ヤツ ドモ ショショノ cojiqibǒzu(コジキバウズ)

こつじき‐ぼうず ‥バウズ【乞食坊主】

浄瑠璃井筒業平河内通(1720)一「かかる無道の悪僧はつちひらきの乞食坊主(コツジキばうづ)

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

世界大百科事典内の乞食坊主の言及

【願人坊主】より

…近世,おもに江戸で活躍し,藤沢派(または羽黒派)と鞍馬派に分かれ集団的に居住,寺社奉行の支配を受けた。1842年(天保13)の町奉行所への書上には〈願人と唱候者,橋本町,芝新網町,下谷山崎町,四谷天竜寺門前に住居いたし,判じ物の札を配り,又は群れを成,歌を唄ひ,町々を踊歩行き,或は裸にて町屋見世先に立,銭を乞〉とあり,乞食坊主の一種でもあった。その所行により,すたすた坊主,わいわい天王,半田行人(はんだぎようにん),金毘羅(こんぴら)行人などとも呼ばれ,その演じる芸能は願人踊,阿呆陀羅経,チョボクレ,チョンガレなど多種で,後にかっぽれ,浪花節なども派生した。…

※「乞食坊主」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

急急如律令

中国漢代の公文書の末尾に、急々に律令のごとくに行え、の意で書き添えた語。のち、呪文(じゅもん)の終わりに添える悪魔ばらいの語として、道家・陰陽師(おんようじ)・祈祷僧(きとうそう)などが用いた。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android