コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

悪僧 アクソウ

デジタル大辞泉の解説

あく‐そう【悪僧】

僧でありながら戒律を守らない者。
武勇に秀でた荒々しい僧。荒法師。
「落ち行く―の太刀、長刀を奪ひ取って」〈太平記・一七〉

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

あくそう【悪僧】

仏の教えを守らない堕落した僧。
武芸にすぐれた勇猛な僧。荒法師。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界大百科事典内の悪僧の言及

【悪】より

… 一方,すでに834年(承和1)の太政官符に主殿寮・主鷹司などの雑色(ぞうしき)・駈使(はせづかい)・犬飼・餌取が市で押買(おしがい)等の不法をするのを〈悪行〉とし,麁悪(そあく)な調物を〈濫悪〉〈濫穢〉といい,無法な罵言や暴力的行為を〈凶悪〉〈濫悪〉とする見方もあったが,12世紀に入るころには〈不善〉という言葉は激減し,さきの殺害などに,鳥獣,魚の殺生や分水の押妨等の行為を含めて,端的に悪行・悪事として糾弾されるようになる。殺生を悪とする仏教思想の浸透をそこにうかがうことができるが,〈党を結び,群れを成す〉といわれた悪徒・悪党は当時台頭しつつあった武士団そのもの,あるいは漁猟民を含む商工業者,金融業者などで,武装した僧兵―悪僧も大寺院が組織したこのような人々であった。これらの人々の世界では,戦場や夜,山野河海,境など,ある条件の下では〈悪〉と非難された行為を当然とし,むしろ積極的に評価する風潮が広く広がっていた。…

※「悪僧」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

悪僧の関連キーワード義経千本桜悪・惡・握法華丈助寺院法度黒金座主寛喜新制保元新制藤原信西北条泰時蓮華往生源光信平正盛黒田荘源義家東尋坊源為義にして衾宣旨悪知識荒法師

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android