悪僧(読み)アクソウ

デジタル大辞泉の解説

あく‐そう【悪僧】

僧でありながら戒律を守らない者。
武勇に秀でた荒々しい僧。荒法師。
「落ち行く―の太刀、長刀を奪ひ取って」〈太平記・一七〉

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

あくそう【悪僧】

仏の教えを守らない堕落した僧。
武芸にすぐれた勇猛な僧。荒法師。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

あく‐そう【悪僧】

〘名〙
① 仏道、戒律にそむいて、悪事をなす侶。破戒僧。
※台記‐康治元年(1142)八月三日「召集悪僧於勧学院、付各師之」
② 勇猛な僧侶。武芸などにすぐれた僧。荒法師僧兵のことをいうこともある。悪法師悪禅師
※平家(13C前)二「戒浄房の阿闍梨裕慶といふ悪僧(あくそう)あり。たけ七尺ばかり有りけるが」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

世界大百科事典内の悪僧の言及

【悪】より

… 一方,すでに834年(承和1)の太政官符に主殿寮・主鷹司などの雑色(ぞうしき)・駈使(はせづかい)・犬飼・餌取が市で押買(おしがい)等の不法をするのを〈悪行〉とし,麁悪(そあく)な調物を〈濫悪〉〈濫穢〉といい,無法な罵言や暴力的行為を〈凶悪〉〈濫悪〉とする見方もあったが,12世紀に入るころには〈不善〉という言葉は激減し,さきの殺害などに,鳥獣,魚の殺生や分水の押妨等の行為を含めて,端的に悪行・悪事として糾弾されるようになる。殺生を悪とする仏教思想の浸透をそこにうかがうことができるが,〈党を結び,群れを成す〉といわれた悪徒・悪党は当時台頭しつつあった武士団そのもの,あるいは漁猟民を含む商工業者,金融業者などで,武装した僧兵―悪僧も大寺院が組織したこのような人々であった。これらの人々の世界では,戦場や夜,山野河海,境など,ある条件の下では〈悪〉と非難された行為を当然とし,むしろ積極的に評価する風潮が広く広がっていた。…

※「悪僧」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

イグノーベル賞

ノーベル賞のパロディとして、世界中のさまざまな分野の研究の中から「人々を笑わせ、そして考えさせる業績」に対して贈られる賞。「イグノーベル(Ig Nobel)」とは、ノーベル賞創設者アルフレッド・ノーベ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

悪僧の関連情報