乱菊(読み)らんぎく

精選版 日本国語大辞典「乱菊」の解説

らん‐ぎく【乱菊】

① 長い弁が入り乱れて咲いているの花。また、その模様。《季・秋》
※俳諧・誹諧初学抄(1641)末秋「らんきく 猩(しゃう)々菊」
紋所の名。①を図案化したもの。
※雑俳・川柳評万句合‐宝暦一二(1762)仁五「乱菊へもとった跡はあけらこん」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「乱菊」の解説

らん‐ぎく【乱菊】

長い花びらが入り乱れて咲いている菊の花。また、その模様。
紋所の名。1を図案化したもの。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

動植物名よみかた辞典 普及版「乱菊」の解説

乱菊 (ランギク)

植物。クマツズラ科の多年草,園芸植物。ダンギクの別称

出典 日外アソシエーツ「動植物名よみかた辞典 普及版」動植物名よみかた辞典 普及版について 情報

今日のキーワード

与党・野党

一般には、与党とは政権を担当している政党(政府党・政権党)、野党とは政権の座についていない政党(在野党)をさす。元来、この与党・野党という語は、二大政党制による議会政治・政党政治が円滑に行われていた国...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android