コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

乳白ガラス にゅうはくガラス

1件 の用語解説(乳白ガラスの意味・用語解説を検索)

百科事典マイペディアの解説

乳白ガラス【にゅうはくガラス】

ガラス中に屈折率の異なる結晶微粒子を懸濁させて乳白色不透明にしたもの。粒子の細かいものをオパールガラス,あらくて乳白度の小さいものをアラバスターガラスという。乳白剤としては蛍石リン酸カルシウム酸化チタンなどが用いられる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

乳白ガラスの関連キーワード色消しレンズ屈折率全反射微粒子フリントガラスガラス光沢カリガラス相対屈折率ベッケ線マクスウェルの式(屈折率)

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone

乳白ガラスの関連情報