コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

乾酪性上顎洞炎(上顎洞真菌症) かんらくせいじょうがくどうえんじょうがくどうしんきんしょう Fungal Sinusitis

1件 の用語解説(乾酪性上顎洞炎(上顎洞真菌症)の意味・用語解説を検索)

家庭医学館の解説

かんらくせいじょうがくどうえんじょうがくどうしんきんしょう【乾酪性上顎洞炎(上顎洞真菌症) Fungal Sinusitis】

[どんな病気か]
 上顎洞(じょうがくどう)内に乾酪性(チーズ様)物質が充満(じゅうまん)する病気で、乾酪性物質中にしばしばアスペルギルスの菌塊(きんかい)がみられるので、真菌性上顎洞炎(しんきんせいじょうがくどうえん)と考えられていますが、真菌の証明できない症例も多く、貯留(ちょりゅう)した膿汁(のうじゅう)が凝縮変化(ぎょうしゅくへんか)したとも考えられています。X線撮影を行なうと、片側の上顎洞に陰影が映り、穿刺洗浄(せんしせんじょう)を行なうと乾酪性物質が確認できます。
[治療]
 上顎洞を穿刺洗浄して真菌塊を排泄(はいせつ)します。これで効果のない場合は、かつては上顎洞の粘膜(ねんまく)をすべて除去する上顎洞根治手術(じょうがくどうこんちしゅじゅつ)が行なわれていましたが、現在では、鼻の孔(あな)のほうから上顎洞を広げ、鼻腔(びくう)と交通させ、真菌塊を除去する治療で、上顎洞の粘膜は正常にもどります。

出典|小学館
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。この事典によって自己判断、自己治療をすることはお止めください。あくまで症状と病気の関係についてのおおよその知識を得るためのものとお考えください。

乾酪性上顎洞炎(上顎洞真菌症)の関連キーワード硬口蓋上顎骨上顎顎骨定額上顎音何心地口腔がん蓄膿症 (empyema)上顎ゴムバンド (rubber band)

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone