膿汁(読み)ノウジュウ

精選版 日本国語大辞典の解説

うみ‐しる【膿汁】

〘名〙 (「うみじる」とも) =うみ(膿)
※霊異記(810‐824)下「癭(やうそく)の癰疽(ようそ)自然(おのづから)に口開き、膿血(ウミシル)を流し出し〈真福寺本訓釈 膿 ウミシル〉」

のう‐じゅう ‥ジフ【膿汁】

〘名〙 うみ。うみしる。〔色葉字類抄(1177‐81)〕 〔外科精義‐托裏法〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報