コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

亀井秀雄 かめい ひでお

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

亀井秀雄 かめい-ひでお

1937- 昭和後期-平成時代の文芸評論家。
昭和12年2月18日生まれ。40年「ある文学史論のゆくすえ」が群像新人文学賞候補となる。以後「伊藤整の世界」「小林秀雄論」「感性の変革」「身体・この不思議なるものの文学」などを発表。59年母校北大の教授。群馬県出身。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

亀井秀雄の関連キーワード万延元年のフットボール中野重治詩集政治小説大岡昇平近代思想俘虜記毒婦物飼育野火花影

今日のキーワード

存亡の機

引き続き存在するかここで滅びてしまうかという非常に重大な時。存亡の秋(とき)。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

亀井秀雄の関連情報