変革(読み)ヘンカク

デジタル大辞泉 「変革」の意味・読み・例文・類語

へん‐かく【変革】

[名](スル)変えて新しいものにすること。また、変わって新しいものになること。改革。「認識変革を迫る」「制度変革する」
[類語]改革改変革命改造改新維新クーデター世直し

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典 「変革」の意味・読み・例文・類語

へん‐かく【変革】

  1. 〘 名詞 〙
  2. 社会、制度などをかえて新しいものにすること。また、制度などが改まること。
    1. [初出の実例]「オキテヲ henkaku(ヘンカク) スル」(出典:和英語林集成初版)(1867))
    2. [その他の文献]〔礼記‐大伝〕
  3. へんか(変化)
    1. [初出の実例]「舎密親和。物性を変革すたとへば塩酸と生石灰(〈注〉カルキ)の如き二物味苛烈にして舌を蝕す和して飽充すれば両ら苛性を亡ふ」(出典:舎密開宗(1837‐47)内)

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報 | 凡例

普及版 字通 「変革」の読み・字形・画数・意味

【変革】へんかく

根本より改める。〔礼記、大伝〕度量を立て、を考へ、正を改め、色を易(か)へ、號(きがう)を殊(こと)にし、械を異にし、衣を別つは、此れ其の民と變革することを得るなり。

字通「変」の項目を見る

出典 平凡社「普及版 字通」普及版 字通について 情報

今日のキーワード

発見学習

発見という行為の習得を目指す学習。または,発見という行為を通じて学習内容を習得することを目指す学習。発見学習への着想は多くの教育理論に認められるが,一般には,ジェローム・S.ブルーナーが『教育の過程』...

発見学習の用語解説を読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android