変革(読み)へんかく

精選版 日本国語大辞典「変革」の解説

へん‐かく【変革】

〘名〙
① 社会、制度などをかえて新しいものにすること。また、制度などが改まること。
※和英語林集成(初版)(1867)「オキテヲ henkaku(ヘンカク) スル」 〔礼記‐大伝〕
※舎密開宗(1837‐47)内「舎密親和。物性を変革すたとへば塩酸と生石灰(〈注〉カルキ)の如き二物味苛烈にして舌を蝕す和して飽充すれば両ら苛性を亡ふ」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「変革」の解説

へん‐かく【変革】

[名](スル)変えて新しいものにすること。また、変わって新しいものになること。改革。「認識の変革を迫る」「制度を変革する」
[類語]改革改変革命改造改新維新クーデター世直し

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

普及版 字通「変革」の解説

【変革】へんかく

根本より改める。〔礼記、大伝〕度量を立て、へ、正を改め、色を易(か)へ、號(きがう)を殊(こと)にし、を異にし、を別つは、此れ其のと變革することを得るなり。

字通「変」の項目を見る

出典 平凡社「普及版 字通」普及版 字通について 情報

今日のキーワード

景気ウォッチャー調査

内閣府が2000年1月から毎月実施している景気動向調査。生活実感としての景況感を調査するのが狙い。具体的にはタクシーの運転手、小売店の店長、娯楽施設の従業員、自動車ディーラー、派遣従業員、設計事務所所...

景気ウォッチャー調査の用語解説を読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android