コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

亀井陸良 かめい りくろう

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

亀井陸良 かめい-りくろう

1871-1923 明治-大正時代の新聞人。
明治4年2月6日生まれ。古河鉱業にはいるが,明治35年時事新報社に転じ,北京特派員となる。44年順天時報社社長。大正6年ふたたび時事新報社にはいり,理事。尾崎行雄らと軍縮問題,日本国際連盟協会の創設につくした。大正12年3月11日死去。53歳。豊前(ぶぜん)下毛郡(大分県)出身。慶応義塾卒。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

亀井陸良の関連キーワード大正時代

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android