コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

了然尼 りょうねんに

1件 の用語解説(了然尼の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

了然尼 りょうねんに

?-? 鎌倉時代の尼僧。
道元にまなび,曹洞(そうとう)宗初の尼僧となる。寛喜(かんぎ)3年(1231)に道元が了然尼にしめした法語が道元の真筆として静岡県袋井市の可睡斎につたわる。伯耆(ほうき)(鳥取県)倉吉の人といわれる。

出典|講談社
デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone