コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

了然尼 りょうねんに

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

了然尼 りょうねんに

?-? 鎌倉時代の尼僧。
道元にまなび,曹洞(そうとう)宗初の尼僧となる。寛喜(かんぎ)3年(1231)に道元が了然尼にしめした法語が道元の真筆として静岡県袋井市可睡斎につたわる。伯耆(ほうき)(鳥取県)倉吉の人といわれる。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

了然尼の関連キーワード鎌倉時代弁道話

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android