コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

法語 ほうご

6件 の用語解説(法語の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

法語
ほうご

広義には仏教で正法を説く言語。狭義には仏教を大衆に向って平明に説いたもの。日本では漢文によるものは除外し,いわゆる「仮名法語」をさす。源信の『横川法語』のような平安時代の作もあるが,主として鎌倉時代の新興仏教の祖師あるいはその弟子たちによって書かれたもの。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

ほう‐ご〔ホフ‐〕【法語】

仏の教えを説いた語句・文章。
祖師・高僧などが仏法の要義を平易に説いた文章。和文体(仮名法語)と漢文体とがある。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

法語【ほうご】

人々に向かって仏法を説く言葉。もともと中国で唐・宋の時代に韻文で語られたのを始めとするが,やがて散文化し,日本では《仮名法語》も多く著された。源信の《横川(よかわ)法語》は現存するものでもっとも古く,明恵法然一遍も仮名法語を残している。
→関連項目撰集抄宝物集

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

ほうご【法語】

正しい法を説く言葉の意で,祖師,高僧などが仏の教えを簡潔に表現した詩文のことである。唐宋間に仏家が韻語をもって演説したことに始まるので,おおむね詩を含む韻文であるが,のちに散文の法語,また日本では仮名文の法語も行われた。茶道と墨跡との関連により,今日,特に喧伝されるのは禅宗における法語である。禅宗は本来,〈以心伝心不立文字〉を建て前とする宗派であるが,宋代以後,禅僧が士大夫社会と交渉をもち文人趣味を取り入れ,詩文や書画によって悟りの境地を表現する風が高まると,多くの高僧たちがさまざまな形式の法語を説き示すにいたった。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

ほうご【法語】

〔歴史的仮名遣い「ほふご」〕 〘仏〙
仏教の教義を説いた言葉。仏・菩薩や高僧の教説。
日本で、仏教の教義をわかりやすく述べた作品。漢文のものもあるが、仮名交じり文のものが多く、後者を特に仮名法語という。
〔歴史的仮名遣い「はふご」〕
手本となる言葉。範となる言葉。
法律学上の用語。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

法語
ほうご

本来は仏法の正しい道理にのっとって語られたことばの意。日本では、漢文による述作に対し、仮名文による仏教の述作をいう。仏法を日本の現実や日本人の生活に即してとらえ、日本語で仏法を語ろうとしたとき、仮名文による法語が成立した。仮名法語のもっとも早いものに、源信(げんしん)作と伝える『横川(よかわ)法語』があるが、盛んにつくられるようになったのは、民衆を対象に仏法が説かれるようになった鎌倉時代以後である。代表的作品には、法然(ほうねん)の『一枚起請文(いちまいきしょうもん)』、親鸞(しんらん)の語録『歎異抄(たんにしょう)』、一遍(いっぺん)の消息法語を含む『一遍上人(しょうにん)語録』、道元(どうげん)の『正法眼蔵(しょうぼうげんぞう)』、日蓮(にちれん)遺文、『栂尾明恵(とがのおみょうえ)上人遺訓(いくん)』、『一言芳談(いちごんほうだん)』、無住がとくに婦人に示した法語『妻鏡』、証賢(向阿(こうあ))の『三部仮名鈔(さんぶかなしょう)』、蓮如(れんにょ)の『御文(おふみ)』などがある。[伊藤博之]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の法語の言及

【墨跡】より

…これも墨跡の類に入る。(2)文章形式のもの 韻文の形式になる法語,疏が多く,のちに散文のもの,また日本では仮名文の法語も行われた。(a)法語 さまざまな仏事における住持の説法,師匠が参禅の衆徒に説き与える法語,辞去する弟子に与える送行の法語,さらに衆徒を激励するための警策,進道語などがある。…

※「法語」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

法語の関連キーワード歴史的湾史的史的現在問題史歴史的歴史的仮名遣い・歴史的仮名遣歴史的風土特別保存地区歴史的浮彫歴史的妥協歴史的必然

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

法語の関連情報