コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

可睡斎 カスイサイ

5件 の用語解説(可睡斎の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

かすい‐さい【可睡斎】

静岡県袋井市久能にある曹洞宗の寺。山号は万松山。開創は応永14年(1407)、開基は恕仲天誾(じょちゅうてんぎん)。大路一遵(たいじいっそん)により中興、寺号を東陽軒とし、のち可睡斎と改めた。徳川家康の帰依を受け、駿河・遠江・三河・伊豆4か国の大僧録司が置かれた。三尺坊大権現は、火防の霊仏。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

可睡斎【かすいさい】

静岡県袋井市にある曹洞宗の寺。本尊聖観世音。山号は万松山。応永期(1394年―1428年)の創立という。江戸時代には東海の大僧録であった。秋葉山三尺坊大権現を移した威徳大権現の本堂があり,火伏の神として信仰されている。
→関連項目袋井[市]

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

かすいさい【可睡斎】

静岡県袋井市にある曹洞宗の寺。山号は万松山。応永年中(1394‐1428)に如仲天誾(じよちゆうてんぎん)が久野城のそばに大通庵という草庵を営んだことにはじまるとされる。その後,久野氏の援助を受けたという。永正年中(1504‐21)に5世の太路一遵が再興し,可睡斎と改称した。なお,改称前は東陽軒と称したともいわれる。徳川家康と関係深い仙鱗等膳が住持となると隆盛となり,1612年(慶長17)幕府より駿河,遠江,三河,伊豆の4ヵ国の曹洞宗寺院の統轄を命じられ,東海の大僧録として君臨した。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

かすいさい【可睡斎】

静岡県袋井市久能にある曹洞宗の寺。山号は万松山。1407年如仲天誾てんぎんの創建で東陽軒と称した。徳川家康の帰依を得て現号に改名。明治初年、秋葉寺より三尺坊大権現を移してから、秋葉総本殿とも呼ばれ火災除けの験があるとして、信仰される。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

可睡斎
かすいさい

静岡県袋井(ふくろい)市久能(くのう)にある曹洞(そうとう)宗の寺。萬松山(ばんしょうざん)と号し、秋葉総本殿とも称される。応永(おうえい)年間(1394~1428)に恕仲天(じょちゅうてんぎん)がここに草庵(そうあん)を結んだのが始まりで、一時荒廃したが、5世の法祖大路一遵(たいろいちじゅん)が毘沙門天(びしゃもんてん)の霊夢に感じて再建し、東陽軒と称した。11世の仙麟等膳(せんりんとうぜん)は、今川家の人質となっていた幼少の徳川家康を助けたことにより、のちに浜松城主となった家康の厚遇を受け、東海の大僧録司(そうろくす)として駿河(するが)、遠江(とおとうみ)、三河、伊豆4か国の諸寺を取り締まる名刹(めいさつ)となった。可睡斎という寺号は、仙麟等膳が浜松に家康を訪れたとき、疲れと老齢のために居眠ったのを見て、家康が「和尚(おしょう)(ねむ)る可(べ)し」といたわったことによるといわれる。境内後方にある秋葉総本殿は、もと秋葉寺(静岡県浜松市)にあった三尺坊威徳大権現(だいごんげん)を移したもので、俗に秋葉三尺坊、三尺坊大権現といわれ、火防(ひぶせ)の霊仏として名高い。12月15日に火防大祭が行われる。境内は広く、本堂、僧堂(禅堂)、方丈など多くの伽藍(がらん)を有し、ボタン、サギソウなど花の名所としても知られる。[菅沼 晃]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の可睡斎の言及

【遠江国】より

…また掛川の葛布,森町の古着,御前崎方面の甘藷や切干しなども有名である。 宗教的には,中世に引き続き曹洞宗の勢力が大きく,とくに可睡斎(かすいさい)は1583年(天正11)に家康より三遠駿豆4ヵ国の曹洞宗僧録司を命ぜられ,近世に入って大僧録としての地位を確立した。秋葉山頂近くにある秋葉寺の三尺坊は鎮火・防火の神として崇敬を集め,とくに近世以降遠江を中心とする東海道筋に秋葉信仰が広まった。…

※「可睡斎」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

可睡斎の関連キーワード青松寺竜門寺玉泉寺耕雲寺高岩寺皓台寺大洞院長勝寺報恩寺竜穏寺

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

可睡斎の関連情報