コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

了祥比丘尼 りょうしょうびくに

1件 の用語解説(了祥比丘尼の意味・用語解説を検索)

朝日日本歴史人物事典の解説

了祥比丘尼

生年:生没年不詳
鎌倉時代の律宗の尼。一説に貞永1(1232)年生まれ。法明房と号す。奈良法華寺に住んでいたが,弘安9(1286)年河内国(大阪府)道明寺を復興して開山長老となり,聖徳太子十六歳孝養立像を造立,安置している。墓所は西琳寺奥の院の高屋室生院の五輪塔。<参考文献>細川涼一『中世の律宗寺院と民衆』

(西口順子)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

了祥比丘尼の関連キーワード真言律宗慈善禅律大悲菩薩国次国次(1)尊恵尊如如円如来尼

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone