予約サービス(読み)よやくさーびす(英語表記)reservation service

図書館情報学用語辞典の解説

予約サービス

利用者の求める資料が図書館の書架にない場合,その資料を原則として必ず提供するサービス.このサービスの方法には,所蔵しているが貸出中の資料は返却を待ち(返却待ち),未所蔵で購入に適したものは購入し(購入),購入できないかまたは購入に適さない資料は他館から借用して(借用)提供する,の三つがある.利用者が多く複本が少ない場合も,購入,借用を行う.利用者へのPR,書式とルール,本人への通知,資料購入予算,相互貸借組織の五つの条件が必要とされる.なお,上記のうち,所蔵資料の返却待ちのみを指す用語として「リザーブ」や「予約」を用いる場合がある.また,日本の公共図書館では,未所蔵資料の購入と借用のサービスを「リクエストサービス」と呼ぶことが多い.近年,インターネットによる予約を受け付ける図書館が増加している.

出典 図書館情報学用語辞典 第4版図書館情報学用語辞典について 情報

今日のキーワード

多文化主義

マルチ・カルチュラリズムともいう。さまざまな人種,民族,階層がそれぞれの独自性を保ちながら,他者のそれも積極的に容認し共存していこうという考え方,立場。「人種のるつぼ」的な同化主義に対抗する考え方で,...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

予約サービスの関連情報