書架(読み)ショカ

図書館情報学用語辞典の解説

書架

主として図書収納,排列するための家具書棚,本棚と同義.一般に幅約90cmの棚板により何段かに仕切られているものを一つの単位とする.図書館では,これを「連」と呼び,書架収容量の単位としている.棚板の上下間隔,奥行き,段数(棚高)は,排列する図書の形態や大きさ,利用者の体位,見やすさや取り出しやすさ,収納効率などを考慮して決められる.書架の種類には,〈1〉木製とスチール製,〈2〉片面書架両面書架,〈3〉固定書架と可動書架,棚固定型と棚可動型,〈4〉単層書架積層書架集密書架,〈5〉単柱式書架と複柱式書架,〈6〉その他(傾斜書架,回転書架,ガラス戸書架など)などがあり,用途に応じて組み合わせて選択される.なお,雑誌を収納,排列する家具は雑誌架,新聞の場合は新聞架という.

出典 図書館情報学用語辞典 第4版図書館情報学用語辞典について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

しょ‐か【書架】

〘名〙 本を立て並べて置く棚。本棚。
※徂徠集(1735‐40)二・題書斎「書架五車富、花瓶十月春」
※草枕(1906)〈夏目漱石〉八「紫檀の書架から恭(うやうや)しく取り下した紋緞子(もんどんす)の古い袋は」 〔若虚‐懐廬山旧隠詩〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

人望

信頼できる人物として、人々から慕い仰がれること。「人望を集める」「人望を失う」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

書架の関連情報