予行演習(読み)よこうえんしゅう

精選版 日本国語大辞典「予行演習」の解説

よこう‐えんしゅう ヨカウエンシフ【予行演習】

〘名〙 軍隊訓練学芸会運動会などの催事の前に、あらかじめ当日のままのかたちで行なってみること。
歩兵操典(明治二〇年)(1887)二「預行演習の目的は兵卒に土地の形状及び起伏を利用するの術を教ふるに在り」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「予行演習」の解説

よこう‐えんしゅう〔ヨカウエンシフ〕【予行演習】

催事などの前に、実際どおりに練習すること。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

秋の名残

秋の趣を感じさせる最後のもの。冬になっても残っている秋の趣。《季・秋》※堀河百首(1105‐06頃)冬「いかばかり秋の名残をながめまし今朝は木葉に嵐吹かずは〈源俊頼〉」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android