コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

運動会 うんどうかい

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

運動会
うんどうかい

学校,職場,あるいは地域の団体や組織などが,集団のレクリエーションのために開く運動競技遊技の集会。組織全員の参加による親睦が目的であり,優秀な選手だけを集めて,記録を競い合うスポーツ大会とは性格が異なる。内容は徒競走障害物競走リレーなどの陸上競技から,玉入れなどのゲーム,ダンスなど多岐にわたる。諸外国にはあまり例をみない日本独特の行事とされている。学校行事としての運動会が普及したのは,1885年初代文部大臣森有礼による兵式体操の導入以降とされる。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

うんどう‐かい〔‐クワイ〕【運動会】

学校や職場、地域などで、多くの人が集まって運動競技や遊戯を楽しむ行事。 秋》
東京大学などにおける「体育会」の称。
[補説]1は、当初は遠足・ピクニックの意であったが、明治30年(1898)前後から現在のように主に学校の行事をいう言葉として使われるようになった。季語としては、初めは春、「体育の日」制定以後は秋に定着した。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

うんどうかい【運動会】

学校,職場,地域などの団体や組織が,その成員のレクリエーションを主たる目的として開催する運動競技や遊戯の集会。特定の選手や代表が記録や勝敗を競いあうスポーツ大会とは異なり,集団のレクリエーションを目的とする点ではピクニックに近いが,競技や遊戯が組織的に進行される点ではそれとも異なる日本独特の行事。学校の行事として発生した。その最初は,1874年海軍兵学校でイギリス人教官指導のもとに開かれた〈競闘遊戯会〉とされ,78年札幌農学校(北海道大学の源流)で〈力芸会〉,85年には東京大学で〈運動会〉が開催された。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

大辞林 第三版の解説

うんどうかい【運動会】

大勢で集まって、競走や遊戯をする催し。学校の行事となったのは明治30年代で、それまでは遠足の意味でも使われた。 [季] 秋。 「社内大-」

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

運動会
うんどうかい

運動場、遊園地などで学校、地域住民、職域団体などが行う体育運動を主とした集団的な催し。

歴史

日本では、1872年(明治5)に発足した近代学校制度の発達につれて、まず学校の運動会として普及した。それも、当初は外国人教師の指導のもとに、海軍兵学寮、札幌農学校、東京帝国大学などの高等教育機関で始まり、それが漸次、明治20年代から30年代にかけて、小学校にもあまねく広まったものである。小学校の場合には、最初は郡市単位の連合運動会の形のものが優勢であり、学校単位のものは遠足運動会、すなわち、校外の川原、海岸、神社の境内などに隊列を組んで出かけ、伝統的な民間の遊びの一種である旗取りや綱引きなどの遊戯競争や、外来の徒手体操、亜鈴体操、兵式体操などの体操を行うものであった。その性格も、遊びや祭りの側面よりは、心身の鍛錬や集団訓練を目ざすほうに重きが置かれた。
 大正期に入り、小学校の運動場の整備が進むと、運動会の主流も校庭運動会となり、その性格も、娯楽性のより強いものに変化した。実施種目では、体操にかわって遊戯やスポーツの比重が増し、町ぐるみ、村ぐるみの祭りの様相を帯びるに伴って、プログラムのうえでも、地域対抗、町内対抗的な継走、短・中距離走、棒倒し、騎馬戦、仮装行列などが重視された。また、紅白黄緑の鉢巻、万国旗、花火、応援合戦、各種の賞品などが、運動会の興趣を盛り上げた。満州事変(1931~32)に始まる戦時下にあっては、再度集団訓練の場としての色彩が強まったものの、以上の性格は、基本的には、1947年(昭和22)以降の新学制下にも継承されている。[井上治郎]

現状と課題

今日の学校の運動会は、教育課程上は特別活動のうちの体育的行事に位置づけられ、中・高等学校では体育祭とよばれることが多い。そこでは、児童・生徒の自主的な集団活動であることが強調され、それに伴って、企画から運営に至るまで、可能な限り児童・生徒の手にゆだねる配慮が重んじられる。反面、家庭や地域社会を含む年中行事でもあるので、事前の準備や予行演習に時間がかかることや、費用がかさむこと、また中・高等学校では進学指導との関連で時期が早まりがちなことなどの問題点も指摘される。なお、職域団体などの主催するものは、関係者の親睦(しんぼく)と慰安を兼ねたレクリエーションの性格が強い。[井上治郎]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

世界大百科事典内の運動会の言及

【遠足】より

…欧米では19世紀にヘルバルト派教授論の影響下で校外学習と一体に行われ,20世紀には新教育思想の下で自然とのふれあいを強調して,英米ではschool excursion,ドイツではSchulausflugなどの名で行われた。日本では,各校連合して開かれた小学校の運動会での会場までの往復に端を発し,明治後半ころから各校別の学校行事として定着をみる。小学校では原則として宿泊をともなう旅行が禁じられていたので,遠足は数少ない校外行事であった。…

【学校】より

…この勅語は,日本教育の根本方針は〈皇祖皇宗ノ遺訓〉にあるとし,そこから徳目を引き出し,国民はこの徳目を実践し,国家有事のさいには一身を国にささげ,天皇の治世がいつまでも盛んに続くよう助けるべきだ,と説いていた。教育勅語発布とともに,学校では,この精神にもとづく教科の授業とともに,儀式,修学旅行運動会などの学校行事により日本精神を体得させることが重視されるようになった。修学旅行という外国には例のない日本の学校独自の行事は,20世紀に入り,伊勢神宮参拝を中心とした敬神崇祖の念を強める教育活動の一つとして,また紅白にわかれて得点を争う運動会は,日清戦争のころから戦意高揚のための行事として重視された。…

※「運動会」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

運動会の関連キーワード教育・安全情報のリアルタイム共有システム京都コリアフェスティバルスウェーデンリレースプーンレース綱引き・綱曳き岸記念体育館居場所づくりスポーツの秋御誂え向きドーグラスリハーサル松田智恵子ストレンジ牧ひろし二人三脚大沼柚希鈴木五郎小島政吉セレスポ物言う花

今日のキーワード

優曇華

《〈梵〉udumbaraの音写「優曇波羅」の略。霊瑞、希有と訳す》1㋐インドの想像上の植物。三千年に一度その花の咲くときは転輪聖王が出現するという。㋑きわめてまれなことのたとえ。2 クサカゲロウ類が産...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

運動会の関連情報