コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

学芸会 がくげいかい

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

学芸会
がくげいかい

1897年前後から自然発生的に成立し,慣行的に普及した学校行事の一つ。当初は,教育の成果を父母や保護者に披露して就学奨励の一助にしようという意図が強く,演じられたものも理科実験,朗読暗唱,物語,唱歌など,日常の学習活動に属するものが主であった。大正期に入ると,新教育運動や児童文芸運動の影響のもとに児童演劇が導入されて学校劇として定着し,以後次第に学芸会の中心的地位を占めるようになった。現行の教育課程においても,特別活動 (高校の場合は各教科以外の教育活動) のなかの学校行事に,学芸的行事の一つとして位置づけられており,情操深化,社会的場面での発表能力の養成,視聴者としての鑑賞態度の育成などを主要なねらいとしている。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

がくげい‐かい〔‐クワイ〕【学芸会】

小学校で、児童が学習の成果としての音楽演劇などを発表する会。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

がくげいかい【学芸会】

児童・生徒の学習成果に基づき,特別のプログラムをもって劇,朗読,合唱合奏舞踏などを子どもたちに発表させる学校行事。展覧会,文化祭などと呼ぶこともある。古くは,江戸中期からの寺子屋での席書(せきがき),天神講など寺子の清書をはり出して展覧する行事があり,明治前半期の小学校では,就学の効果を示す目的から定期試験ののちに優等生に学習成果を発表させる行事が成立,普及し,やがて近隣の学校が共同して〈教育品展覧会〉を組織する場合があった。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

学芸会
がくげいかい

児童・生徒に表現的、創造的な集団活動の楽しさを体験させるとともに、平素の学習の成果を相互に交流させることを目的に、通常は全校的な規模で、演劇や合唱などを主とする特別なプログラムを編成し、学年や学級単位にそのできばえを競い合う総合的な教育活動。明治時代以来、運動会と並ぶ代表的な学校行事とされ、学習指導要領のうえでも、学芸的行事のなかに位置づけられている。
 小学校の学芸会は、古くは、保護者や地域の人々に学校教育の実情を知ってもらうことも一つのねらいで、学業奨励会、教科練習会ともいわれ、そのために農閑期などを選んで計画されることが多かった。最近では、しだいに校内的な行事の性格を強め、卒業生を送る会などの一環として実施する学校が増えつつある。出演者も、一部少数の児童に限る傾向から、全員がなんらかの役割を分担し、参加できるようなものへと変化してきている。
 中学校や高等学校の学芸会は、演劇コンクールや合唱コンクールのように、種目を特定したうえで実施するものと、文化祭や学園祭のような、より包括的な全校行事のなかに組み入れて実施するものとに両極化しつつある。また、その計画と実施にあたっては、生徒会活動との連係を密接にして、生徒たちの自主的な集団活動の形で運営されるように指導するのが通常である。[井上治郎]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

学芸会の関連キーワード営利を目的としない上演等私立恵比寿中学谷口 安正須藤 克三成る・為る宮崎夏海活人画りあ

今日のキーワード

チームパシュート

スピードスケートや自転車競技の一。複数人でチームを組み、隊列を組んで一定の距離を走り、速さを競うもの。団体追い抜き競技。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

学芸会の関連情報