コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

二井宿 にいじゅく

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

二井宿
にいじゅく

山形県南部,宮城県境付近にある集落。高畠町に属する。奥羽山脈中にある峠集落として発達。二井宿峠越えの二井宿街道は古代の中央文化の導入口となった。二井宿峠から南陽市赤湯付近にかけては古墳が多い。江戸時代には米沢藩への米,塩,魚などの運搬路に利用された。明治以後南の万世大路が開通してから一時衰退したが,現在は国道 113号として利用されている。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

二井宿の関連キーワード高梨利右衛門七ヶ宿(町)高畠(町)米鶴烈風

今日のキーワード

隗より始めよ

《中国の戦国時代、郭隗(かくかい)が燕(えん)の昭王に賢者の求め方を問われて、賢者を招きたければ、まず凡庸な私を重く用いよ、そうすれば自分よりすぐれた人物が自然に集まってくる、と答えたという「戦国策」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android