高畠町(読み)たかはた

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

高畠〔町〕
たかはた

山形県南東部,米沢盆地東縁の町。米沢市の北東に位置し,東は宮城県に接する。 1895年町制施行。 1954年,二井宿 (にいじゅく) 村,屋代村,亀岡村,和田村と合体し社郷 (やしろごう) 町となる。 55年糠野目 (ぬかのめ) 村を編入し,現町名に再改称。中心集落の高畠は中世の城下町で,近世には江戸幕府直轄領ともなっていた。米作のほか,果樹栽培,乳牛,肉牛の飼育が行われる。精密機器・電気機器工業も立地。縄文時代早期の日向 (ひなた) 洞窟や大立洞窟一の沢洞窟火箱岩洞窟は史跡に指定されている。羽山 (はやま) 古墳をはじめとする多くの古墳のほかにも,亀岡文殊堂や安久津八幡宮などの歴史的遺産がある。また,児童文学者浜田広介出生地でもあり,記念館がある。北東部一帯は県南県立自然公園に属する。山形新幹線,JR奥羽本線,国道 13,113,399号線が通る。面積 180.26km2。人口 2万3882(2015)。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

スロースリップ

地球の表面を構成するプレートの境界面において、プレートがゆっくりと滑って移動する現象。この移動が一気に起きるとプレート境界地震になる。プレートどうしが強く固着した、アスペリティーと呼ばれる領域以外で生...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

高畠町の関連情報