コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

万世大路 ばんせいたいろ

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

万世大路
ばんせいたいろ

「ばんせいおおじ」とも読む。福島市から栗子峠を経て山形県米沢市にいたる街道。国道 13号線の一部。 1881年,明治天皇の東北巡幸により,万世大路と命名。交通の困難な板谷峠越えの道に代って,栗子山 (1217m) 南麓にトンネルを造って (1881完成) 米沢市と結んでいた。当時は福島県側を福島市中野を通ることから中野新道,山形県側を米沢市刈安を通ることから刈安新道と称した。しかし,栗子峠付近は冬季には積雪が多量で交通不能となるため,1966年に峠の南側の葡萄沢山 (967m) 付近に栗子第一,第二トンネルが開かれ,旧トンネル付近は廃道となった。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典内の万世大路の言及

【板谷峠】より

…江戸時代には米沢藩の江戸参勤にも利用され,板谷には板谷御殿が設置されていた。1881年,北方にある栗子峠経由の万世大路(ばんせいおおじ)(現,国道13号線)が開通した後は衰退した。99年峠付近に奥羽本線が開通したが,板谷越えは急こう配(平均33/1000)で多雪地帯でもあるため同線最大のネックであった。…

※「万世大路」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

万世大路の関連キーワード二井宿

今日のキーワード

ムガベ大統領

1924年、英植民地の南ローデシア(現ジンバブエ)生まれ。解放闘争に参加し、80年にジンバブエを独立に導いた。同年から首相、87年から大統領として実権を握り続けた。2000年以降は白人農場主の農園を強...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

万世大路の関連情報