コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

二井宿峠 にいじゅくとうげ

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

二井宿峠
にいじゅくとうげ

宮城,山形県境にある峠。標高 568m。奥羽山脈を越える国道 113号線が通り,宮城県七ヶ宿町と山形県高畠町が連絡する。白石川上流のウィンドギャップ (風隙) で,宮城県側は緩傾斜であるが,米沢盆地側は急傾斜。約 4km北の山形県上山市との間の金山峠 (かなやまとうげ。 629m) とともに,江戸時代には日本海側の諸大名の参勤交代の通路であった。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

二井宿峠
にいじゅくとうげ

山形県東置賜(ひがしおきたま)郡高畠(たかはた)町と宮城県刈田(かった)郡七ヶ宿(しちかしゅく)町との県境にある峠。新宿峠とも書く。国道113号(二井宿街道)が通じる。標高568メートルで、奥羽山脈越えの峠としては低く、古くから利用されてきた。近世は羽州街道に通じ、山形、秋田、弘前(ひろさき)など西奥羽各藩が参勤交代路に利用した。仙台藩は国境警備のため峠下の湯原(ゆのはら)宿に館(やかた)を置いた。山形側の峠下には二井宿の宿場があった。山形県側は七曲りの急坂で知られる。[境田清隆]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

二井宿峠の関連キーワード高畠(町)二井宿

今日のキーワード

衣笠祥雄

[生]1947.1.18. 京都プロ野球選手。京都の平安高校時代,捕手として甲子園に出場。高校卒業後,1965年広島東洋カープに入団。内野手に転向し,1970年 10月 19日の対読売ジャイアンツ (...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android