二値素子(読み)にちそし(英語表記)binary cell

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

二値素子
にちそし
binary cell

1か0かを記憶する素子をいう。たとえば,磁気コアの磁束の方向,フリップフロップの電流の流れなどのように1つの素子が背反的な2つの安定状態をとりうるものである。3値以上の情報を記憶するものを多値素子という。二値素子は多値素子やアナログ素子に比べてはるかに信頼性の高いものである。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

翔んで埼玉

魔夜峰央(まやみねお)によるギャグマンガ、及び、それを基にした映画作品。埼玉県民が東京都民に虐げられる架空の日本を舞台に、埼玉県解放を目指す人々の愛と戦いを描く。「花とゆめ」(白泉社)の1982年冬の...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android