コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

二値素子 にちそしbinary cell

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

二値素子
にちそし
binary cell

1か0かを記憶する素子をいう。たとえば,磁気コアの磁束の方向,フリップフロップの電流の流れなどのように1つの素子が背反的な2つの安定状態をとりうるものである。3値以上の情報を記憶するものを多値素子という。二値素子は多値素子やアナログ素子に比べてはるかに信頼性の高いものである。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android