コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

二宮敬 にのみや たかし

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

二宮敬 にのみや-たかし

1928-2002 昭和後期-平成時代のフランス文学者。
昭和3年9月27日生まれ。二宮宏之の兄。49年東大教授,平成元年フェリス女学院大教授,6年白百合女子大教授。フランスのルネサンス文学および思想史の研究で知られた。平成14年死去。74歳。東京出身。東大卒。著作に「エラスムス」,訳書にエラスムス「対話集」など。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

二宮敬の関連キーワードシーボルト(Philipp Franz Balthasar von Siebold)ガルガンチュワ‐パンタグリュエル物語マロ(Clément Marot)バザン(Hervé Bazin)鈴木信太郎(フランス文学者)マルグリット・ド・ナバールシーボルト事件宇和先哲記念館エプタメロンカステリヨンシーボルト西予(市)5月10日三瀬周三楠本イネ楠本いねラブレー柏原省三渡辺一夫卯之町

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android