コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

思想史 しそうし

世界大百科事典 第2版の解説

しそうし【思想史】

もろもろの学問の学説史や,文学史,芸術史など,個別分野の諸思想の歴史に対して,それらを横断してなんらかの全体的な思想の動向,様式,構造などをとらえる歴史記述をいう。しかし,対象となる〈思想〉についての考え方や歴史記述の方法によって,思想史の概念も多義的となる。 全体史的な思想の歴史が探求の対象となるについては,西欧の18世紀以降,人間精神の〈進歩〉〈発展〉という観念の形成がその地盤をつくった。そして,人間の幸福(社会的現実)と精神の発展を相関させながら観念(イデー)の歴史をとらえる見方が生まれた(フランス啓蒙主義など)。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

思想史の関連キーワードシュタイン(Ludwig Stein)ジャッソン・S. ルソージョージ・P. グーチB.K. マーシャルA. ラブジョイ社会思想史学会田村 秀夫島田 虔次鳥井 博郎清原 貞雄ウォーリン木村周市朗ラブジョイ大塚金之助石田一良生松敬三狩野亨吉村岡典嗣近藤洋逸藤田省三

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

思想史の関連情報