思想史(読み)しそうし

世界大百科事典 第2版の解説

しそうし【思想史】

もろもろの学問の学説史や,文学史,芸術史など,個別分野の諸思想の歴史に対して,それらを横断してなんらかの全体的な思想の動向,様式,構造などをとらえる歴史記述をいう。しかし,対象となる〈思想〉についての考え方や歴史記述の方法によって,思想史の概念も多義的となる。 全体史的な思想の歴史が探求の対象となるについては,西欧の18世紀以降,人間精神の〈進歩〉〈発展〉という観念形成がその地盤をつくった。そして,人間の幸福(社会的現実)と精神の発展を相関させながら観念(イデー)の歴史をとらえる見方が生まれた(フランス啓蒙主義など)。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

カジノ解禁

石原慎太郎・東京都知事が1999年に臨海副都心のお台場への誘致を表明して以来、解禁論が何度も浮上してきた。カジノは刑法で禁止されているが、地方自治体には観光活性化や地域振興のために認めるべきだとの声が...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

思想史の関連情報